セルシオ

Top >  メーカー別検索 >  トヨタ >  セルシオ >  セルシオ20系(UCF20)について

セルシオ

トヨタ セルシオの中古車について。セルシオのカタログ・スペック情報、セルシオの中古車を選ぶポイント、相場価格、値落ち状況などをご紹介。

セルシオ20系(UCF20)について

セルシオ20系(UCF20)2代目は、1994年10月に登場。キャッチコピーは「変化を求めず、深化をめざす。」
初代セルシオのスタイリングを踏襲し、外観がほとんどかわらなかったため新旧の違いはわかりにくいものであったが、車体の基本的骨格であるプラットフォームの改良により、最小回転半径を縮小し、さらに後席居住性を改善した。

セルシオの初代で不満の多かったブレーキ性能も、フロントにアルミ製対向4ポッドキャリパーを装備するなど、内容の変更は大きいものであった。

セルシオ20系(UCF20)のエンジンは引き続き、V8・4000ccの1UZ-FE型を使用、パーツの見直し等による5psの出力向上と最大110kgの大幅な車両軽量化を達成し、動力性能を向上させた。

セルシオ20系(UCF20)のグレードもA・B・C仕様のパッケージが受け継がれた。しかしながら、助手席肩口のパワーシートスイッチや、マイコンプリセットドライビングシステムの設定がなくなるなど、バブル崩壊の影響を少なからず感じさせるモデルでもある。

1996年8月の小変更では助手席肩口のパワーシートスイッチやマイコンプリセットドライビングシステムが再設定された。安全性も向上し、衝突安全ボディー「GOA」を採用したほか、運転席・助手席のサイドエアバッグを標準装備した。また、A仕様とB仕様に欧州仕様のユーロチューンド・サスペンションを採用したeRバージョンが追加された。

1997年7月 マイナーチェンジを行う。キャッチコピーは「その世界的価値」。
フロントグリルとヘッドライトを独立させ、全体的に従来型よりも精悍なスタイリングとなる。ヘッドライトは従来のハロゲンヘッドランプに代わって、オートレベライザー付ディスチャージヘッドランプが設定された。

エンジンもVVT-ⅰ(連続可変バルブタイミング機構)の採用によりMC前の265psから280psとなり、ATも4段から5段へと変更、動力性能と環境性能を同時に向上させた。

特筆すべきは安全装備の充実で、6つのエアバッグはもとより、車体の横滑りを防止するVSC、緊急ブレーキのアシストをするブレーキアシスト、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを全車に装備した。

また、高速道路などでの使い勝手を向上したレーダークルーズコントロールがオプション設定、多発する盗難対策としてエンジンイモビライザーが標準装備された。このモデルでセルシオ20系(UCF20)は発売10周年を迎え、初の特別仕様車として「10thアニバーサリー」が発売された。

<< セルシオ10系(UCF10)カタログ 基本スペック中古車情報検索トップセルシオ20系(UCF20)カタログ 基本スペック >>

セルシオ関連エントリー

LS460(SF40)について
LS600h(UVF45)カタログ 基本スペック
LS600について
MR2について
MR-Sとは
セルシオ30系(UCF30)カタログ 基本スペック
セルシオ30系(UCF30)について
セルシオ20系(UCF20)カタログ 基本スペック
セルシオ20系(UCF20)について
セルシオ10系(UCF10)カタログ 基本スペック
セルシオ10系(UCF10)について
セルシオについて


  • 中古車情報検索メニュー
  • メーカー別検索
  • レクサス
  • トヨタ
  • 日産
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • スズキ
  • ダイハツ
  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • ポルシェ
  • スマート
  • ミニ
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ボルボ