セルシオ

Top >  メーカー別検索 >  トヨタ >  セルシオ >  セルシオ30系(UCF30)について

セルシオ

トヨタ セルシオの中古車について。セルシオのカタログ・スペック情報、セルシオの中古車を選ぶポイント、相場価格、値落ち状況などをご紹介。

セルシオ30系(UCF30)について

セルシオ30系(UCF30)の3代目にして最終型となったセルシオは、2000年8月に「セルシオを超えるのは、セルシオだけ。」「頂点であること、あり続けること」というキャッチコピーにて販売開始される。

セルシオ30系(UCF30)のエンジンはV8・4300ccの3UZ-FEに変更された。また、デザインも大きく変わり、ドアはプレス式から後部ドアに三角窓の付くサッシュ式となった。面白いことに、メルセデス・ベンツSクラスはこの頃登場したモデルからセルシオと逆にドアがサッシュ式からプレス式となっている。

 電子制御も大幅に増加、全ドアイージークローザーが装備され、従来のワイヤレスドアロックの発展版であるスマートキーシステムが選択できるようになる。グレードは、A仕様(標準車・eRバージョン)・B仕様(標準車・eRバージョン)・C仕様(標準車・インテリアセレクション・Fパッケージ・Fパッケージインテリアセレクション)の設定。

環境性能にも力を入れ、排気ガスは平成12年規制よりさらに75%低減、市販車では世界トップのCd値0.25を実現した。

2003年8月のマイナーチェンジで外装が変更され、全長はついに5mを超えた。ATが5段から6段になり、10・15モード燃費が従来型の8.2km/Lから8.9km/Lへ向上した。 B仕様が廃止され、A・B仕様のeRバージョンをeR仕様とした。グレード構成は、A仕様・eR仕様・C仕様(標準車・インテリアセレクション・Fパッケージ・Fパッケージインテリアセレクション)となる。安全装備はさらに磨きがかかり、ミリ波レーダーを使用したプリクラッシュ・セーフティシステムがオプションとして導入された。

2005年に国内レクサス店が展開され、次期LSを国内にも導入することとなり、セルシオの名前に終止符が打たれることが決まり、2006年4月新型LSの発表と同時に生産を終了した。

セルシオの販売終了に伴い、トヨタブランドでのラクジュアリーセダンのポジションはクラウンマジェスタに一本化されることとなる。

<< セルシオ20系(UCF20)カタログ 基本スペック中古車情報検索トップセルシオ30系(UCF30)カタログ 基本スペック >>

セルシオ関連エントリー

LS460(SF40)について
LS600h(UVF45)カタログ 基本スペック
LS600について
MR2について
MR-Sとは
セルシオ30系(UCF30)カタログ 基本スペック
セルシオ30系(UCF30)について
セルシオ20系(UCF20)カタログ 基本スペック
セルシオ20系(UCF20)について
セルシオ10系(UCF10)カタログ 基本スペック
セルシオ10系(UCF10)について
セルシオについて


  • 中古車情報検索メニュー
  • メーカー別検索
  • レクサス
  • トヨタ
  • 日産
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • スズキ
  • ダイハツ
  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • ポルシェ
  • スマート
  • ミニ
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ボルボ